古着転売、どのサイトを使うべき??

2020年1月12日

こんにちわ!トロです!

みなさん、古着転売をする時、どのサイトを使うべきだと思いますか?
そして古着転売を実践している方はどのサイトを使っていますか?

たぶん答えは・・・
「ヤフオク」
「メルカリ」

の二つじゃないでしょうか?

この2つのサイトは古着転売にはとても相性がいいと私も思いますし、私もこの2つのサイトを使っています。

他にも
「ラクマ」や「モバオク」、最近始まった「PayPayフリマ」なんてのも使っている方がいるかもしれないです。
その中でもPayPayフリマは私も気になってはいるので、今後実践してみたいですね。

ここでよくある質問があります。
「ヤフオクとメルカリ、どっちがいいですか?」
って質問です。

う~ん・・・これって正直答えづらいんですよね。
扱う商品・価格帯・スピードなどを考慮しないと答えは出ません。

なので今回はこの2つのサイトの特徴をお話ししていきます!

ヤフオク

現在約1609万人のユーザーが利用している最大級のサイトです。
かつては古着転売ならヤフオクでしたが、最近はメルカリユーザーが増えてきたことでやや後進。
それでも販売先としてはかなり優秀なサイトです。

月額無料で出品する事も出来ますが、出品はオークション形式だけで出品数も1品のみなので転売するならばYahoo!プレミアムへの加入が必須です。

商品が売れた場合、8.8%の落札システム利用料が発生します。
(月額無料の場合は10%になります。)

ヤフオクは日本最大のオークションサイト


オークションをやりたいならヤフオク一択ですね。

オークションの場合、時期やタイミングによっては入札者が増え、思いのほか高値になる事もしばしば。
そして何より入札者さえつくなら必ず落札されます。

古着転売というとほぼ即決での販売方法ですが、これだと落札されるまで指をくわえて待っているほかありません。
しかしオークション形式にすれば入札さえ入れば落札確定です。
あとはいくらで落札されるか待つのみ・・・。

入札される方の心理としては、安い価格で入手したいと思っているので即決商品よりかはオークション商品の方に目が行きます。
そして何より一度入札してしまうと人は競争心が芽生えるので、入札競争が始まったりします。
こうなると他の即決商品より高値で落札される事もあります。

しかし場が盛り上がらないと入札も少なくなり、かなり安値で落札される事もしばしば・・・
オークションをやるには注意が必要です。

もちろん場を意図的に盛り上げる方法もあります。
中には自分で入札して盛り上がっているように見せる方もいるみたいですが、そんな事しなくても正統な方法で盛り上げていく事は出来るのです。
もちろん、時期やタイミングはありますが。

ヤフオクの特徴

ヤフオクには男性ユーザーが多いとよく聞きます。
正直、これは正解だと思います。
では女性物は落札されないのかというとそうでもありません。
あくまで「女性より男性の方が利用者数が非常に多い」なのです。

なぜ男性の方が多いのかの理由については追々お話ししましょうか・・・
ここでは単純なヤフオクの特徴についてお話しします。

1)男性ユーザーが多い。(女性と男性を比較した場合。)
2)相場に関係なく高額で落札される事がある。
3)高額商品でも購入されやすい。
4)信用性が高い。

★ポイント! 詐欺にご注意!
特に5)の詐欺には気を付けてくださいね。
最近は減ってきていると聞きますが、それでも詐欺案件はあります。
「ヤフオク 詐欺」で検索すると色々と出てきますので、知っておいた方がいいです。

ここであげた特徴は、そのまま仕入れポイントになるわけです。

もちろん、女性ファッションもヤフオクで売れる事も多々あります。
例えば高額なブランド品なんかそうですね。

しかしそういった高額なブランド品は他のサイト(ブランディアとか)にユーザーが流れていると聞きます。女性は信頼性のある方へ進んでいくのでそういった意味でもヤフオク+レディースはやや厳しいかもしれないですね。

メルカリ

今や日本最大のフリマアプリ「メルカリ」
個人間取引の最大手になるというコンセプトで現在もユーザー数を伸ばしているアプリです。

ヤフオクなどのように業者の出品を推奨しておらず、あくまで個人間売買を推奨している。
とは言っても当然多くの転売人がメルカリに存在しているのも事実である。

業者を追い出す施策は過去何回も実施されており、そのたびに多くのユーザーがアカウント停止になりました。ですのでその点を気を付けないとアカウント停止になるので注意が必要です。

メルカリは女性向き?

2013年、メルカリがリリース。
出品の楽さ・決済方法の明確さ、そしてタレントを起用したCMや広告でユーザーの囲い込みに成功し、年々ユーザー数は急速に増加。
現在はあのヤフオクのユーザー数も越え名実ともに日本最大のフリマアプリに成長しました。

リリース当初は大半が女性ユーザーでした。
しかしユーザー数増加に伴い、若い世代を中心に男性ユーザーも増えており、今では男性も女性も同じような比率で活動しております。

確かにメルカリで転売と言うとレディースファッションを売ると言うイメージがあります。
私のコンサル生でも「メルカリ=レディース」という方程式をいまだ持っている方もいます。

けどこれだけはハッキリいいます。

メルカリのターゲットに男女の差はないのです!
つまり、男性ファッションもメルカリで十分に売っていけるという事なんです。

メルカリの特徴

メルカリにはヤフオクと違った特徴がいくつかあります。
まず、代表的な部分として「何でも売れる」という事です。

この「何でも売れる」というのは実は非常に良い特徴なんです。
だってなんでも売れるんですよ!
当然これは古着転売において非常に有効的な事なんです。

「何を言っているんだ?」
って思うかもしれないですね(笑)
これはここでは言えないので、追々どこかでお話ししますね。

あと出品~発送までが非常に簡単です。
出品はスマホから撮影も出来ますし、ヤフオクのようにHTMLタグを作る必要もないので、テキストさえしっかり作り込めば、コピペで全然大丈夫です。

ただデメリットとしては値引き交渉の多さと価格の安さです。

ヤフオクはどちらかというと「高く売りたい!」と思う出品者と「安く手に入れたい!」と思う落札者の心理合戦の部分もあり、お互いある程度の妥協点は理解しています。

しかしメルカリの場合は「値引きありき」の部分が多くあります。
つまり、「値引き」文化が根付いているのです。
コメントのしやすさも値引きされやすいに一因していると思います。

購入する際は、
「とりあえず値引き交渉してみよう」
となるわけです。

まぁ、それを加味してあえて初期価格を高く設定している方もいるようですが・・・

多くのせどりの場合、「メルカリで仕入れてAmazonで販売する」という流れになると思いますが、古着転売においてはメルカリでも十分に販売していけます。
もちろん様々なテクニックを用いりますがね(笑)

特徴をまとめると、
1)何でも売れる。
2)出品・発送が非常に楽。
3)価格は安くなりがち。(値引き交渉されやすい)

まとめ

二つのサイトの特徴をまとめました。
これは私が今までやってみての感想がほとんどですが。

しかし二つの違いは分かっていただけたと思います。

では改めて問います。
どちらで出品していきますか?

実はこれ、非常に大事な事なんです。

ヤフオクで出品するのか、メルカリで出品するのか、
このどちらかに絞らないと仕入れができないんです。

ヤフオク向きの商品を仕入れてメルカリで販売しては、ただただもったいないだけです。
ヤフオク向きの商品とは高額人気な商品です。
それをメルカリで販売し、値引きされ、送料すらこちら負担にしてはせっかくの商品がもったいないだけです。

なので仕入れの前に二つのサイトを紹介しました。
まずは最初に出品していくサイトを決めましょうね!

ではまた!

今回の記事はいかかでしたか?

こちらではみなさまからのご質問やご意見をお待ちしております。
「この事を記事にしてほしい!」
「ここの部分をもう少し詳しく教えてほしい!」
などなど・・・
みなさまのご意見をお待ちしております!

下のフォームよりお気軽にコメントください!


はい